10/2~5 10:00~17:00 東京ビックサイト 東ホール

  • TOP
  • TOKYO PACKの特徴

TOKYO PACKの特徴

包装のすべてがここに!最新情報が一堂に集まる国内最大の国際総合包装展

TOKYO PACK "東京国際包装展"は、さまざまな業界で活躍している包装資材・容器、包装機械を中心に、調達から生産、物流、流通、販売、消費、廃棄・リサイクルに至るまでのあらゆる分野を網羅した世界有数の国際総合包装展です。

来場登録者数 62,171名  184,677名(入場者総数)
  • 前回取引相談実績 98.6%
    内訳 後日詳細説明の約束が取れた 42.8%/サンプルや資料を提出した 33.5%/見積りを提出した 20.5%/取引成立 3.2%
  • 来場目的達成度 79.8%
    来場者のうち製品購入に影響をお持ちの方 77.6%

出展分類別出展社数

包装資材・容器 35.1%/包装機械 24.2%

あらゆる業界で利用される包装資材、包装機械を中心に、調達~生産~流通~販売~消費~廃棄・回収に至る包装のすべてを網羅する総合展示会です。また、出展分類の内訳は「包装資材・容器」が35.1%、次いで「包装機械」が24.2%(前回実績)となっており、両者のバランスが取れた世界でも稀有な存在の総合包装展です。

52年の歴史を有する総合国際包装展

本展開催回数 27回

1966年に東京・晴海において、第1回を開催し、以降、隔年にて開催しております。皆様にご支援いただき、お陰さまで、今回、27回目(52年目)を迎ることができました。歴史と実績を有する展示会です。

包装の可能性と創造性

前回出展社数 669社

国内外の包装関連産業を代表する企業600社以上(前回実績)が出展し、包装の最新情報が一堂に集結。進化を続ける包装のあらゆる可能性をあますことなく披露し、豊かな創造性にあふれる展示会です。

国際総合包装展としてのプロモーション力

記事掲載依頼 100誌以上

記者発表会を実施し、広く関連業界約100誌以上への記事掲載、会場取材の誘致を依頼しました。また、国内外の関連業界専門紙誌、主力雑誌への広告掲載など来場誘致に向けたPR活動を実施しました。

包装の専門団体が主催する展示会

日本包装技術協会登録会員社数 1,130社

包装の専門団体の日本包装技術協会(JPI)が主催する展示会。JPIは展示会だけでなく年間を通じて、包装人への貢献を目的として各種事業を展開しており、その集大成として開催される本展では、リアルな包装のトレンドや次世代包装があふれています。